わきがは臭いの原因となる汗とどう向き合うかが大きな課題

わきがは臭いの原因となる汗とどう向き合うかが大きな課題

わきがは臭いの原因となる汗とどう向き合うかが大きな課題

汗の臭い対策は、だれでも気になるテーマのひとつだと思います。

 

特にわきが もしくは汗臭さを気にしている人の場合、臭いの原因となる汗とどう向き合うかが大きな課題になります。
そもそも人間の汗は二種類の線から分泌されます。運動したり暑いときに流れてくる水のような汗はエクリン線という汗腺から分泌されます。

 

 

体全身に存在していて、真夏の閉め切った体育館でスポーツした後、Tシャツを絞れるくらいに分泌される汗はこちらのタイプになります。緊張した時に汗をかくのもこの汗腺からでます。99%は水分からできています。一方、わきがの臭いの原因ともいわれているのが、アポクリン線という汗腺で、脇や耳、乳輪や陰部などに存在していて、毛穴を通じて分泌されます。

 

 

場所からいって、セックスアピールの場所でもあるので、国によってはアポクリン線から出る臭いのある汗を好むところもありますが、日本では好まれない傾向にあります。このアポクリン線からでる汗にはタンパク質 脂質 アンモニアなどが含まれていて、皮膚の上にある菌と一緒になることで、あのきつい臭いを生み出すようです。日本人が高たんぱく質や高脂質の食べ物を食べる傾向が増えていて、そういうものを好んで食べていると、アポクリン線から出てくる臭いの原因がたくさんあるということなので、臭いが強烈になります。

 

 

人間は汗をかく生物なので、汗をかかずにいることは不可能ですが、臭いを抑えたいなら、やはり原因である汗の分泌を少なくすること、また臭いの原因であるアポクリン線から出てくる臭いの原因になるたんぱく質や脂質を抑えるような食生活をすることなどが大切です。
また、アポクリン線から出る汗は、皮膚の上の菌と反応してひどい臭いになるのですから、皮膚の上、特に脇などの皮膚の上を清潔に保っておく必要もあります。抗菌効果のある施しが必要です。そういった中、食生活を気を付けることも大切ですし、制汗に関するグッズを使うのも効果的です。制汗スプレーやクリームなど、いろいろ販売されていますが、効果はあるようですので、体の中からと、外側からと、両面から攻めていくといいでしょう。