コーヒーを飲むと脇の臭いは本当にひどくなるのか?

コーヒーを飲むと脇の臭いは本当にひどくなるのか?

コーヒーを飲むと脇の臭いは本当にひどくなるのか?

脇汗やわきがなどに悩む人にとって、ある特定の食べ物や飲み物が、その症状をひどくしたり和らげたりするといった情報の真偽はたいへん気になるものです。こうした点で、非常に敏感になってしまうことでしょう。最近、よく耳にするようになったのが、コーヒーを飲むと脇汗や脇の臭いがひどくなるというものです。これは真実なのでしょうか。

 

 

まず、覚えておきたい一つの点は、コーヒーに含まれているカフェインには、実際に発汗作用があるという点です。カフェインが体内に入ると、交感神経を刺激することになります。基本的に言って、汗をかくのは交感神経が優勢になっていることが原因です。そのため、カフェインをたくさん体内に取り入れることによって、発汗が促されてしまうというわけです。当然のことながら発汗が促されれば、体の他の部位と同様、脇汗も増えてしまうと言えるでしょう。

 

では、コーヒーを飲むと脇の臭いは本当にひどくなるのでしょうか。この点に関してもいろいろな意見があります。中には、コーヒーそのものの香りが強いため、脇の臭いもひどくなるのではないかと考える人もいるようです。しかし、実際の報告が示すところによると、カフェインの働きによって発汗が促されるために、汗が乾きにくくなり、結果として臭いがひどくなると言われているのです。汗の量が多くなるため、かいた汗が乾く前にまた汗をかきます。この状態が繰り返されると、生乾きの状態が続くことになります。生乾きの状態では、菌が繁殖しやすくなっており、結果として臭いがきつくなるというわけです。

 

さらに、コーヒーには皮脂の分泌を促す効果があります。そのため、通常かく汗はさらさらしていて臭いもほとんどないのに、皮脂が多く混じってしまうためにどろどろした臭いのきつい汗になってしまうというわけです。また、こうしたどろどろした汗が衣服に付着するとなかなか落とすことができません。そのために、そこで菌が繁殖し、臭いの元となってしまうのです。
加えて、利尿作用も見過ごすことはできません。もちろん、適量の摂取は問題ありませんが、大量に飲むと利尿作用によって腎臓に負担がかかることになります。こうして腎臓の機能が低下すると、尿と一緒に余分な老廃物を体から出すことができなくなります。結果として、体の中には老廃物が残り、これが脇汗に混じって一緒に出てくるのです。そのため、やはり臭いがひどくなってしまうというわけです。